HOME > 会員の仕事 > 前田 由起子(まえだ ゆきこ)

原子力・放射線の分野で働く女性たち

前田 由起子

相手の心に寄り添い、
誠実な応対をするようにしています

前田 由起子(まえだ ゆきこ)

九州電力株式会社
鹿児島お客さまセンター 霧島営業所 計画グループ
主任

入社動機について教えてください。

 生活に欠くことのできない「電気」の仕事に携わることで、社会貢献の一翼を担うことができるのではないかと考え、入社しました。

日頃の仕事は、どのような内容ですか。やりがいや、心掛けていることも教えてください。

 入社以来、総務・広報・営業などさまざまな部門を渡り歩いてきましたが、現在は、再び広報業務を担当しています。過去に川内原子力発電所の地域対応をした経験を活かし、一般の方に難解といわれている原子力や放射線の話をわかりやすい表現を用いて説明するようにしています。また、市町の議会対応や情報収集・情報管理をしたり、ときには、学校へ出前授業に出掛けたり、中学・高校生の職場体験の受け入れなども担当しています。

 ほかにも、社内の各グループの原子力勉強会の講師を務めたりもしています。WiN‐Japanのテクニカルツアーに参加し、女川原子力発電所や福島第一・第二原子力発電所などの各地を見学した結果をお話することもあります。通常は見学し難い施設を見学できるのは、WiN‐Japanメンバーであるが故であり、貴重な経験ができるうえに、業務にも大いに活かされています。

 広報ウーマンである前に、ひとりの人間として、女性として、礼節を重んじ、マナーを身に付けることはもちろんのことですが、相手の心に寄り添い、誠実な応対をするように心掛けています。エネルギーの情報やメッセージとともに「笑顔」もお届けして、心と記憶に残る原子力広報になるよう努めています。

 東電福島第一事故は、原子力事業者の一員として、大きな衝撃を受けました。本当に原子力は必要なのか、どうしてあんなことが起こったのか、どうすれば事故を防ぐことができたのかなど、さまざまなことを考えました。これまで自分が説明したことは何だったのか・・・と考える日々が続き、何ともいえない脱力感・喪失感に襲われました。

 しかし、現実と向き合い、WiN‐Japanのメンバーと語り合うことで、「やはり今の日本には原子力発電が必要である」と再認識し、強い信念のもと、現在は再稼働に向けて励んでいます。事故後「原子力」という単語を聞くだけで、怪訝な表情に変わったり、頑なに説明に耳を傾けてくださらない方もおられることは事実ですが、そういう気持ちも十分に受け入れながら、水の滴が大きな鍾乳洞を形成するように、コツコツと地道に愚直に努力するのみと思っています。

 お客さまから「難しいことはわからないけど、あなたが言うことだから大丈夫だと思う」との言葉をいただくと、苦労が一気に吹き飛んでいきます。心の中で力強くガッツポーズする瞬間が私の原動力になっています。

ワークライフバランスは、どのようにとっていますか。

 運動不足と肥満解消のため、仕事帰りや休日を利用して、スポーツジムに通うようにしています。無心になってのエアロビクスやラテンダンスなどのレッスンは、運動だけに留まらず、脳の活性化も促してくれるように感じます。滝のように流れる汗は、気持ちをリフレッシュさせてくれるので、良いストレス発散になります。健康あっての人生-。仕事や生活を充実させるためにも、今後も運動は継続していきたいと思っています。

 夜は疲れた体を早く休ませるので、代わりに早起きをして、少しでも勉強する時間をつくるようにしています。英会話や色彩心理学、整理収納法など生活にかかわることを勉強しています。毎年ひとつずつ資格を取ることを目標に、楽しみながら勉強していきたいと思っています。

 旅行に出掛けたり、星空を眺めたり、気が置けない仲間たちと楽しいひとときを過ごすことも人生を豊かにしてくれる要素です。私の人生のテーマ「心豊かに生きる」には、終わりはありません。

(2015年5月当時)