HOME > 会員の仕事 > 鈴木 正乃(すずき まさの)

原子力・放射線の分野で働く女性たち

鈴木 正乃

「情報共有」と「コミュニケーション」、
そして「感謝の言葉を伝えること」を実践中

鈴木 正乃(すずき まさの)

中部電力株式会社
静岡支店島田営業所営業課(総務)
副長

入社動機について教えてください。

 当時は、福祉分野に関心があったので悩みましたが、社会貢献の仕方にはいろいろあると考え、ライフラインのひとつである「電気」を送る仕事に携わることを選択しました。浜岡原子力発電所の隣接の町に生まれ育ち、小学生のころから原子力PR展示館に遊びに行くなど、中部電力を身近に感じていたことや、地元に事業所があることも決め手となりました。

日頃の仕事は、どのような内容ですか。やりがいや、心掛けていることも教えてください。

 電力会社の事務職は、さまざまな部門を経験するチャンスがあります。私は、総務部門、広報部門、営業部門にバランスよく携わることに恵まれ、それぞれの部門で習得した知識や情報、社内外の人脈ネットワークに何度も助けられています。

 現在は、浜岡原子力発電所の地元市町を管轄する島田営業所で、総務全般を総括する管理職をしており、部下3名とともに営業所業務執行計画の作成や、所内研修の企画運営など、総務・広報・人事・経理などの幅広い業務に携わっています。小学校への出前教室や原子力発電所見学会、地元企業との情報交換会など、社外との接点も多く、第一線事業場ならではの業務です。また、広報の経験がない若手社員が自信を持ってお客さまとコミュニケーションできるよう、原子力広報のポイントやタイムリーな情報を提供するなど、社員の知識向上にも努めています。

 東電福島第一事故後、人々が抱く原子力発電所への不安はかなり大きく、地域のお客さまや友人からも「浜岡は大丈夫?」という声をよく聞きます。今、私にできることは、微力ながら、ひとりでも多くの方々にリスクへの対処などの安全情報を提供し、信頼を築くことだと認識しています。

 自分のアイディアを発案し、実行していくとき、その過程には情報やノウハウ、関係部署との調整、推し進めるエネルギーなどが必要となりますが、目標に向かって課題に取り組んでいるときはやりがいを感じます。また、個人がどんなに頑張っても限度がありますが、職場内の「情報共有」や「コミュニケーション」がうまく回ると、組織としての力が発揮できます。点と点の情報が線となり、やがて面となり、なぜか運をも引き寄せ、大きな成果につながることがあります。

 8年前に管理職になってからは、特に「チーム組織力」を強く意識するようになり、同じ目標に向かう仲間の力とモチベーションをうまく引き出すよう「情報共有」と「コミュニケーション」、そして「感謝の言葉を伝えること」を実践しています。

ワークライフバランスは、どのようにとっていますか。

 26歳と20歳の2人の子どもがいますが、義父母の支援を受けながら出産後も働き続けることができました。しかし、順調に過ぎてきたわけではなく、頼みの綱だった義母が病気で入退院を繰り返し、仕事を続けるか否かを迷った時期もあります。数年前には、その義母の介護問題にも直面し、夫はもちろん、親戚をも総動員して自宅で看取りました。強い思いがあればどうにかなるものだというのは、今だからこそ思えるのかもしれません。

 また、野球少年の母として10年以上、休日は子どもとグランドで過ごし、その経験からも多くの収穫がありました。異業種で働く方や自営業、専業主婦の方から得る情報にとても刺激を受け、交友関係も広がりました。営業の仕事やWiN-Japanで出会った友人とも今では仕事を離れた付き合いが続いており、そういった人脈ネットワークは、私の「宝物」のひとつです。ウォーキングや旅行、観劇など、家族や友人と過ごす時間で、心からリフレッシュできる私は幸せ者です。

 仕事もプライベートも、自分に与えられた環境のなかで「楽しい」「嬉しい」「快適」「良かった」と思えることが重要で、「置かれた場所で咲きなさい!」をモットーに、私らしく自然体で周囲に元気を与えられる存在になりたいと思っています。

(2015年6月当時)