HOME > 私たちの活動 > 交流会 > 第5回茨城女性交流会in電力中央研究所

私たちの活動

女性交流会 茨城女性交流会 in 電力中央研究所?放射線の最先端研究について勉強しませんか?

開催概要

日時:2004年10月14日(木)
場所:電力中央研究所(東京都狛江市)
主催:WiN-Japan

スケジュール

  • 10:00 実験設備見学
  • 11:30 講演「放射線の影響は量によって違うはず」
        石田センター長
  • 12:00 昼食
  • 12:50 講演「低線量放射線~最新の研究結果から」
        星主任研究員
  • 13:30 低線量放射線研究センター見学
  • 14:00 テーブルトーク

交流会での意見

  • このような勉強はとても有効だった。今後もこんな勉強をしたい。
  • 日本は資源が少ない国なのだから、エネルギーをもっと大事にしていくべき。
  • 原子力発電所は何重にも安全確保の施策がされている。
  • 「ホルミシス効果」について詳しく聞くことができてよかった
  • マスコミ報道の影響は大きい。是非「マウス」の研究報告を報道して欲しい。
  • 報道は、事故や事件のフォローばかりが多い。適切・丁寧、正確な情報提供が必要である。
  • 人工放射線と自然放射線、どちらも放射線なのに受けとり方が違うようだ。
  • 自然界にある放射線は何らかの良い影響があると聞いていたが、今回の話を聞いて実証された気がした。

施設見学の様子

熱心に議論する参加者の皆さん。