HOME > 私たちの活動 > テクニカルツアー > 日立事業所、プルトニウム加工工場、東海第二原子力発電所

私たちの活動

テクニカルツアー 日立事業所、プルトニウム加工工場、東海第二原子力発電所

実施概要

2002年11月22日(金)、(株)日立製作所、核燃料サイクル開発機構、日本原子力発電(株)へのテクニカルツアーを実施し、11名の会員が参加しました。

見学の内容

【(株)日立製作所】

  • 北陸電力・志賀 2号機のシュラウド等の炉内構造物や中部電力・浜岡5号機のタービンが製作されていた。シュラウドの蓋の部分の組立作業や ECCSのスプレーを見ることができた。
  • より精度の高い製品造りのため炉心サポートの製作は、多少無駄ではあっても分厚いステンレス板を直接くりぬいている。
  • 加工についてはほとんどでオートメーション化されているが、繋ぎ目の細かい加工は手作業されており、作業者には高度な技術力が求められている。

【核燃料サイクル開発機構】

  • リスクコミュニケーションでは、地域住民とフリートークによってコミュニケーションを図っており、特にサイレントマジョリティへの対応に力を入れている。
  • プルトニウム燃料工場の仕上管理室のグローブボックスは可動式でブロック毎に分かれている。
  • 随所に説明用のパネルや模型が設置されていた。グローブボックスのサンプル(実物)も設置されており、手を突っ込んで体験も。 4種類のグローブがあった。
  • 燃料加工組立作業は流れ作業になっている。
  • 入退域の放射線管理は厳重に行なっている。
  • プルトニウム加工作業に、初の女性グローブボックス作業員誕生。

【日本原子力発電(株)】

  • 地域活動に力を入れている。特に学校の総合学習カリキュラムの手伝いの一環として、次世代層に対し様々なアプローチをしている。
  • 既存の乾式キャスクは横置きのものだった。関東大震災の3倍の地震にも堪えられるような設計になっている。
  • 2炉心強分の使用済燃料が保管できる容量。
  • 発電所敷地内での設置であったせいか、反対運動等はなかったようだ。
  • 青森県むつ小川原(中間貯蔵候補地)の方々の見学が多く、説明用に放射線に関する分かり易い資料パネルを設置した。

見学を終えて

  • 私たちからの様々な質問に対し、案内してくださった方々は詳しく、丁寧に答えていただきました。
  • 時間が押してしまい、最後の見学場所の日本原子力発電(株)には40分遅れで到着し、迷惑をおかけしてしまいました。今回のツアーは見学箇所を欲張りすぎた感があり、日程がきつかったので、次回はより余裕を持ってじっくりと見学できるようセッティングしたいと思います。

【(株)日立製作所】左端説明者が、箭内技師

【(株)日立製作所】熱心にメモを取る山田(ひ)会員

【核燃料サイクル開発機構】仕上検査室 のホンモノのグローブボックス

【核燃料サイクル開発機構】燃料加工組み立ての作業場

【日本原子力発電(株)】東海地区での地域活動を語ってくださった吉井副所長

【日本原子力発電(株)】制野課長よりキャスク建屋内にて構造の説明