HOME > 私たちの活動 > WiN-Japan年次大会 > WiN-Japan第8回年次大会

私たちの活動

WiN-Japan年次大会 WiN-Japan第8回年次大会

開催概要

2008年度のWiN-Japan年次大会を、
4月14日(月)に原子力発電環境整備機構(NUMO)会議室で行いました。

総会

  • 総会では、小川順子会長(日本原子力発電株式会社)が再任されるとともに、河田朱実会員(四国電力株式会)と東朋子会員(関西原子力懇談会)の2名が新任理事として選出されました。
  • 2007年度の活動報告と会計報告を行った後、2008年度の活動計画が理事から提案され、静岡県御前崎市にて女性交流会を実施することとし、高レベル放射性廃棄物をテーマとした国際シンポジウムを開催することなどが決定されました。
  • 会員から、ホームページを充実させる提案がなされ、会員へのアンケートなどを行った後、ホームページを改訂し、女子学生向けのコンテンツを制作すること等が承認されました。

年次大会

  • 総会の後、国立環境研究所地球環境センター温暖化リスク評価研究室長 江守正多氏にご講演いただきました。昨今、原子力発電は地球温暖化防止の観点から高い評価を受けていますが、原子力発電の仕事に携わる者として、改めて地球温暖化問題の最先端を学ぶ機会となりました。

会員からの報告

  • 御前崎女性交流会 吉田典子会員(中部電力株式会社)
  • 柏崎刈羽原子力発電所テクニカルツアー 片山貴子会員(東京電力株式会社)
  • 女性科学技術者世界会議(インド) 小川順子会長(日本原子力発電株式会社)

年次大会の模様

ご講演いただいた江守室長

熱心に聞き入る会員