HOME > 私たちの活動 > WiIN-Japan年次大会 > WiN-Japan第4回年次大会

私たちの活動

WiN-Japan年次大会 WiN-Japan第4回年次大会

開催概要

2004年度のWiN-Japan年次大会を、
5月17日(月)に日本原子力発電株式会社で行いました。

  • 小川順子会長(日本原子力発電株式会社)が、第4代WiN-Global会長に就任予定。
    常任理事に西村理事が就任される予定。
  • 来年の世界大会は、チェコ。再来年はカナダが名乗りをあげている。できることなら、日本会員も参加して欲しい。
  • 原子力eyeに寄稿することになっている。第1回は期日もあるので佐賀井美都会員(電力中央研究所)にお願いしたが、世界のWiN会員にも寄稿してもらおうと思っている。雑誌としては、初めての試み。

総会

  • 役員の改選(再任/退任/新任)について…小川順子会長(日本原子力発電株式会社)
    佐々木理事退任,布目新理事着任。会長・その他の理事・監事については再任。
    *布目理事新任挨拶:原子力に関わって既に20年この業界にいる。佐々木理事に代わり、茨城の地区リーダーにも就任した。茨城地区は様々な企業・団体が寄り集まっているという特殊事情がある。メンバーが活動しやすいように私も全面的にBACKUPしていきたい。
  • 交流会事業については、昨年度交流会の報告および本年度に予定されている講演と交流会の実施場所の検討。
  • WiN-Japanホームページの改訂については、WiN-Global理事会でも言っていたが,色んな人に見てもらえるようなHP作成を目指す。手伝ってくれる会員を募集したい。
  • 今後の原電からの運営支援金、賛助会費の見通しと組織賛助会員制度の拡大の検討
    一昨年から賛助会費の納入をお願いしているが,最初から入会している賛助会員には強制しない。そのまま籍もおいておく。新規で入会いただく方には,会費納入をインフォメーションして納得いただいた上でご入会いただく。

年次大会

  • WiN-J茨城からの事例報告…橘内久美会員(核燃料サイクル開発機構)
  • フォローアップ札幌の事例報告…福田直子会員(北海道電力株式会社)
  • 第12回WiN-Global年次大会全体の最終確認が行われました。

年次大会の模様

大会の様子

新任挨拶をする布目理事

WiN-J茨城からの事例報告…橘内会員

福田会員によるフォローアップ札幌の事例報告