HOME > 私たちの活動 > WiN-Global年次大会 > 第22回WiN-Global年次大会

私たちの活動

WiN-Global年次大会 第22回WiN-Global年次大会(オーストラリア)

開催概要

第22回WiN-Global年次大会が、2014年10月20日から25日にかけてオーストラリアで開催されました。
今年は、33カ国から約150名(うち、日本からは4名)が参加しました。
WiN-Globalホームページにおける年次大会の紹介はこちら

年次大会

  • 各支部報告では、17の国と機関が報告しました。
    日本からは、布目礼子会長(原子力発電環境整備機構)が2013年度のWiN-Japan活動のハイライト(女川原子力発電所テクニカルツアー)と、2014年度の福島第一/第二原子力発電所テクニカルツアーのポイント、新しいエネルギー基本計画、福島の現状について紹介しました。
  • テクニカルツアーでは、ANSTO(オーストラリア原子力科学技術機構)の、展示館、年代測定などを行っている加速器研究施設、材料照射研究が中心のOPAL研究炉を見学しました。

その他

  • WiN-Global常任理事としての千歳敬子会員(三菱重工業)の任期が満了し、後任に小林容子会員(原子力規制庁)が就任しました。

年次大会等の模様

常任理事退任の挨拶をする千歳会員(左)

カントリーレポート 布目会長