HOME > 私たちの活動 > WiN-Global年次大会 > Post-2010年WiN-Global韓国大会 青森テクニカルツアー

私たちの活動

Post-2010年WiN-Global韓国大会 青森テクニカルツアー

韓国で開催された2010年WiN-Global年次大会に引き続き、大会参加者向けの青森テクニカルツアーを実施しました。

趣旨

WiN-Global年次大会が隣国の韓国・釜山で開催されるにあたり、WiN-Japanが日本の原子力関連施設を視察するテクニカルツアーを企画し、招聘したもの。

参加者、プロジェクトメンバー

<WiN-Global>

WiN-IAEA 2名、WiN-Switzerland 1名、WiN-Romania 4名、WiN-Taiwan 1名、WiN-Korea 1名、WiN-Pakistan 1名   計10名

<WiN-Japan>

小川順子会長(東京都市大学)、黒岩温子会員(三菱重工業株式会社)、坂上千春(日本原子力産業協会)、布目礼子会員(原子力発電環境整備機構)、樋口奈津子会員(同)、森崎利恵子会員(エネルギー広報企画舎)、吉田裕華会員(三菱重工業株式会社)   計7名


見学先等

<テクニカルツアー>

  • 日本原燃六ヶ所サイクル施設/5月17日(月)
    PRセンターで再処理の仕組みについて説明を受けた後、低レベル放射性廃棄物埋設センター(外観見学)、高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター、再処理工場を見学しました。
    IAEAの安全保障の責任者も参加していたため、プルトニウムの管理などに関心が寄せられました。
  • 東北電力東通原子力発電所/5月17日(月)
    東通原子力発電所の概要について説明を受けた後、ウォークスルーで構内を見学しました。
    (通常、一般の方は見学できませんが、今回は特別に見学させていただきました。)

<交流会>

  • 女性交流会/5月16日(日)
    青森県在住の女性 7名と、WiN-Global、WiN-Japanの交流会を開催しました。
    通訳の方に助けていただいたり、身振り・手振りを交えたりしながら、各国のエネルギー事情やエネルギー教育の実態などについて対話を行いました。

<カルチャーツアー>

  • ねぶたの里、三内丸山遺跡/5月16日(日)
  • 恐山、仏ヶ浦、大間岬/5月18日(火)

六ヶ所PRセンター見学

熱心に説明に聞き入るGlobalメンバー

青森在住の女性たちとの交流

今回参加したGlobalと主なJapanのメンバー